ニュークックチルシステムとの比較

  • インカートクックシステムは、食器単位の当日調理ですから計画調理を必要としません。
  • インカートクックシステムは、食器単位の個別調理ですから大量調理を必要としません。
  • インカートクックシステムは、喫食直前の直加熱調理ですから再加熱を必要としません。
  • インカートクックシステムは、最終工程の高温殺菌ですから工程管理を必要としません。
  • インカートクックシステムは、自動調理の加熱工程ですから遊休時間を必要としません。

◎こちらからインカートクックのメリットが導き出されます。→ メリットのページへ